自動車の回送運行許可とは

自動車の回送運行許可とは 回送運行許可とは、臨時運行許可を一回の申請で複数の車に対して使用することができるという制度です。臨時運行許可制度とは、法律上道路を走行することが禁止されている、車検が切れてしまった自動車や、車検抹消登録済みの自動車を、車検を受けるまたは登録する場合に限って道路を走行させることを許可する制度です。
この制度は、一台の車につき、一回の使用しか認められていません。回送運行許可は、車の製造や解体、販売をしている業者の方が取得される場合が多いです。一度でたくさんの車を車検に通す必要がある場合に、一台一台に臨時運行許可を取得していたのでは、時間が無駄にかかってしまい、仕事のスピードが落ちてしまいます。
そこで回送運行許可制度を利用して、一気に複数台の車の臨時運行許可を取得してしまえば、仕事のスピードが格段に上がります。インターネット上で、許可を申請する用紙をダウンロードし、許可が認可されると、一時的に道路を走行するためのナンバープレートが発行され、それを使用します。

自動車の回送運行に関する法律

自動車の回送運行に関する法律 車検切れの自動車、抹消済みの自動車、一度も登録を受けたことない自動車は、本来は道路を走れません。しかし、車検を受ける・登録する目的に限り、一時的に道路を運行できる臨時運行許可制度があります。市町村で手続きを行いますが、この許可は1台につき一回の運行に限られます。
そこで、自動車の販売・製作・陸送を職業とする人が、その業務を行う場合に限り、1回の許可で複数の自動車に使用できるよう、さらに特例的な、回送運行許可制度という法律ができました。まず、営業所の所在地を管轄する運輸支局に「回送運行許可申請書」を提出し、要件を満たしていると確認されたら許可されます。
回送の目的は、製作の場合は、自社工場と依頼主・車体架装工場・自動車置場・テストコース間の回送、陸送の場合は、委託者が依頼する場所間の回送、販売の場合は整備工場・展示場・顧客の住所・運輸支局間の回送、車検の場合は、自動車の引き取り、引き渡し、車検場までの回送などが挙げられます。

新着情報

◎2017/12/5

自動車の回送運行許可とは
の情報を更新しました。

◎2017/9/1

許可の条件
の情報を更新しました。

◎2017/7/19

離島への回送運行
の情報を更新しました。

◎2017/6/9

サイトを公開しました

「運転 許可」
に関連するツイート
Twitter